DIARY

遊劇体主宰、キタモトマサヤによる日々のコラム。


blog遊劇体〜キタモトのひとりごと〜

15日(『微風の盆』稽古33回目。) (火, 16 7月 2024)
日本三大祭の余波で京都芸術センターで稽古はできない(もともと確保できていなかったのだけれども)。で、最後の稽古は、河原町今出川のP-act にて。狭い空間なので、実寸での稽古は不可能。それなりにこなしました。とてもオモシロい異色作になりました。お客さまに観ていただくのが楽しみでなりません。だけど、『空のトリカゴ』や『灯灯ふらふら』を良しとしてくださる方には、叱られるかもしれません。誤解や予断を招くかもしれませんが、俳優のみなさんが、カワイイしカッコイイです。明日はお休みで、明..
>> 続きを読む

14日(Plant M を観た。) (Sun, 14 Jul 2024)
winmail.dat。 『WWW』作+演出 樋口ミユ、ウイングフィールドにて。最高に素晴らしいエンゲキだった。エンゲキのオモシロさ、その表現の奥行きを、しっかりと受けとめさせていただいた。こういう芝居を観ると、また演劇が好きになっちまうよ(え、好きじゃなかったんか?)。初演では、私が演じていた役を、にっくき白木原一仁が。しろっきー、悔しいけれど、良かったよ。俳優さんたちはみな、素晴らしかったと思う、身体性、ということばが実感できる演技。重心、呼吸。そして、デストピアを描い..
>> 続きを読む

13日(『微風の盆』稽古32回目。) (Sun, 14 Jul 2024)
稽古場において、ではあるが、良いできばえであると感じた。ラスト、鳥肌が立って、しばらく消えなかった。チープな、遊びすぎな台本ではあるが、それもコンセントでありねらいだから、それでいいのだ。コンセプトのマチガイやろ。それでいいのだ。俳優はみな、素晴らしい。
>> 続きを読む

12日(『微風の盆』稽古31回目。) (Sun, 14 Jul 2024)
昨日の稽古ではやれなかったシーン5、そして通し稽古。だけど、昨日も今日も、〈ちゃんとした稽古〉ではないので、明日、明日にこの芝居の、稽古場においての極めて完成形に近いものが、見られるなず。
>> 続きを読む

11日(『微風の盆』稽古30回目。) (Sun, 14 Jul 2024)
昨日の稽古をはさんで一気にグンとグレード・アップしたように感じた。小返しをしながらシーン4まで。
>> 続きを読む

10日(『微風の盆』稽古29回目、そして『灯灯ふらふら』稽古、それから Plant Mさんにアフタートークで出演させていただくこと。) (Thu, 11 Jul 2024)
本日の稽古は私は休み。課題は明確なので、今日は私は稽古場にいない方が良い。で、私は、熊取町の教育子どもセンターで『灯灯ふらふら』の稽古。くまとり劇倶楽部「日輪草」旗揚げ公演『灯灯ふらふら』作+演出 キタモトマサヤ9月29日(日)14時開演国指定重要文化財 中家住宅にてウイング再演博覧會 Plant M No.22『WWW』作+演出 樋口ミユ7月14日(日) 11時開演ウイングフィールドにて上演後のアフタートークに出演させていただきます。実は私、『WWW』初演時の出演者でした。..
>> 続きを読む

9日(『微風の盆』稽古28回目。) (Wed, 10 Jul 2024)
本日から、稽古場の部屋が変わり、せまくなった。衣装を着けての通し稽古。とってもオモシロかった、というのは作者としての感想で、もっともっと完成度をあげる余地を残している。タイムは1時間15分だった。ちょうどよい、が、濃い1時間15分でもある。
>> 続きを読む

8日(『微風の盆』稽古27回目。) (Wed, 10 Jul 2024)
稽古用の便宜上の区切りである、シーン1から4を、シーンごとに通す。セリフの精度の不十分さをのぞけば、後は稽古を重ねることによって、なんとかなるだろう。あまりやり切れていないシーン5だが、これもまた、カッコいいものになるはず。もう一息。そう、今回は、カッコいい、を目指している。ええカッコをする、という意味ではなく、舞台上での俳優たちの存在のこと。
>> 続きを読む

7日(明倫ワークショップ。) (Wed, 10 Jul 2024)
「『微風の盆』戯曲のヒミツ〜泉鏡花戯曲と比較する〜」たぶんですが、情報が告知されたのは7月3日。ワークショップ開始時間まで、4日間しかなかったのだ。きっと申込者ゼロ、を予想した。ところが、3名の方から予約が入っていたのだ! ありがたや、なんということ、うれしい、すばらしい。しかも、参加者の3名の方が、いずれもまた、ステキな方ばかり。うわ-、いい人、ありがとう、という気持ちでした。京都芸術センターの担当の方も、ボランティア参加の記録係の方も、なんか知らんが、今日集まってくれた人..
>> 続きを読む

6日(『微風の盆』稽古26回目。) (Wed, 10 Jul 2024)
自分なりにオモシロい芝居であるという確信が持てる。俳優のみなさんの演技も素晴らしく楽しいものになっている。パンダさんとかクボちゃんカッコイイ。だけれど、全体の流れとしては、台本の台詞のせいだろうか、キレイに台詞が並ばないのである。
>> 続きを読む

5日(『微風の盆』稽古25回目、そして明倫ワークショップのこと。) (Sat, 06 Jul 2024)
winmail.dat本日も稽古を休ませていただいた。今日は私、稽古場に行きたかったのだけれども、というのは一昨日の稽古のその先をとても見たかったので。だけど、なんでか多忙すぎてどうにもならん。地元にて、ケンカ中。ところで、明後日の7日(日)は18時30分より、20時30分まで、「『微風の盆』戯曲のヒミツ〜泉鏡花戯曲と比較する〜」というのを、京都芸術センターの制作室7で行わせていただきます。タイトルは私が名づけたわけではありません。こんなことやったらどうかな、ということをパン..
>> 続きを読む

3日(『微風の盆』稽古24回目。) (Thu, 04 Jul 2024)
『微風の盆』は、いつも通り1幕もので、上演時間は1時間15分の予定。切れ目らしい切れ目はないが、台本では稽古場用に、便宜的に5つのパートに分割している。本日は、パート1から3までで、稽古時間終了。大きな変更が4か所あり(パート5も含む)、ますます深化している。稽古時間があっという間に過ぎ去る、とっても良い稽古でありました。
>> 続きを読む

2日(『微風の盆』稽古23回目。) (Wed, 03 Jul 2024)
本日も私は、稽古お休み。〈ちゃんとしていない稽古〉になるので、鬱陶しい演出者はいない方が良いのだ。〈ちゃんとしていない稽古〉でも〈ちゃんとなる〉。それにつけても、イソガシイ。成り行きでプロデューサーのような役割を4公演も抱えてしまっているのだ。こんなにしんどいとは。そのうちのひとつ、昨夜、会議を持ったのだが、頑迷な主催者側(?)と、細部を詰め切れず、物別れのようなカタチで、結果、公演自体を、ご破算、にしてもらった。私の選択肢としては、それしかなかった。22時前に帰宅して、その..
>> 続きを読む

29日(『微風の盆』稽古22回目。) (Sun, 30 Jun 2024)
本日は、私はお休み。昨日の稽古を検証するような稽古になったに違いない、なんて思っている。
>> 続きを読む

28日(『微風の盆』稽古21回目。) (Sun, 30 Jun 2024)
通し稽古をやってるのですけれど、どんどん、あるいは、少しずつ、進化そして深化。俳優さんたちは、楽しそうだったり、苦しそうだったり、辛そうだったり、さまざま。
>> 続きを読む