DIARY

遊劇体主宰、キタモトマサヤによる日々のコラム。


blog遊劇体〜キタモトのひとりごと〜

13日(・・・。) (金, 14 12月 2018)
 ずっと鬱って感じ。8日から。一昨日より頭痛あり。今日は喉も痛い。あれっ、風邪かな? CDは「Into The Sun」から「Full Circle」へ。
>> 続きを読む

12日(奈良県某所へ。) (Thu, 13 Dec 2018)
 奈良県某所へ出向く必要があり、マユミさんとドライヴ。私は目がものすごく悪いので、自動車の運転をさせてもらえなかった。車内の音楽は行き帰りともに、DaveSinclairさんの「The Little Things」。
>> 続きを読む

11日(・・・。) (Wed, 12 Dec 2018)
 「The Little Things」から「Into The Sun」にCDを入れ替えた。意外なくらいソウルフルな曲もある。そういえば70年代前半のインタヴュー記事かなんかを翻訳したものを読んだことがある。好きな作曲家のひとりにスティーヴィー・ワンダーをあげていたし、いちばん好きなシングル・ヒット曲にはダイアナ・ロスの「I’m StillWaiting」を選んではった。デイヴ・シンクレアさんのこと。
>> 続きを読む

10日(なんとなく鬱。) (Tue, 11 Dec 2018)
 なんとなく鬱、っぽい。心がスグレナイ。健康ではない、という感じ。一昨日のことがやはり影響している。いまだ反省している。 CDはまだ「The Little Things」。
>> 続きを読む

9日(ええなあ。) (Mon, 10 Dec 2018)
winmail.dat 昨日からCDプレイヤーの中身は「The Little Things」。とりあえずやっと「Stream」と「Out of Sinc」は通過。「Into The Sun」と、そして一昨日、お手紙付きで届いた「Full Circle」と「PianoWorks 1」までは、まだしばらく時間がかかりそう。メロディの美しさが半端なく私の心を打ち抜く。孤独感、愛する人を、あるいはモノを、想う心。そういったものをシンクレアさんの音楽から感じる。ああ、ええなあ。音楽って..
>> 続きを読む

8日(・・・。) (Mon, 10 Dec 2018)
 明け方に目を覚まし、さて今日は一日タイヘンだぞ、よくわからないけど、という日。まずウチに帰って、時間い追われつつレコ屋の対応業務。そしてクギインとしての仕事、これは総会資料の印刷と製本、配布部数ごとの取りまとめ。去年、経験していたことなので、予想外に手間取らずに片付いた。夕方からは会議にて。総会に向けての準備がメイン。そして忘年会、という流れ。そして二次会で事件を起こしてしまいました。反省。なんかしらん、長い、長い一日。
>> 続きを読む

7日(案の定。) (Mon, 10 Dec 2018)
 案の定、二日酔いです。ああしんどい。けど、楽しかったから。今日中に帰らなきゃまずいぞ、とわかっていながら、二日酔いの身体がゆうことを聞いてくれなくて。明日早朝に帰るという決断をして、今日は一日ゆっくりとお休みということで。ただただ音楽を聴いていて何もしなかったという一日。
>> 続きを読む

6日(遊劇体忘年会。) (Mon, 10 Dec 2018)
 早朝のNHKニュースで、ご近所の火事でおふたりが亡くなられたことを知る。ご冥福をお祈りする、というほかない。 さて、早いのか早くないのか、今夕、遊劇体の忘年会である。店の予約はせず、事務所にて地味に少人数で。そこで、久しぶりに京都へ向かうわけだけれども、出かけようとしたら玄関の郵便受けに私宛の郵便物を発見。Dave Sinclairさんから新たに送っていただいた2枚のCD。開封するとシンクレアさんの直筆の手紙。ウレシイナったらウレシイナ。美しいく読みやすい字が、きっとシンク..
>> 続きを読む

5日(近所で火事があった。) (Thu, 06 Dec 2018)
 Dave Sinclairさんの「Out of Sinc」を繰り返し聴いているうちに、曲間の静寂の中でサイレンの音が。サイレンの鳴り方が凄まじく、すぐご近所での発生を告げているような。
>> 続きを読む

4日(やっと。) (Wed, 05 Dec 2018)
winmail.dat ずっとCDプレイヤーに入ったっきりになっていたDave Sinclairさんの「Stream」(11年)を、いったんクリアして、「Out of Sinc」(18年)に入れ替えた。実はさらにもう2枚が順番を待っている。「The Little Things」(13年)と「IntoThe Sun」(03年)。まだ入手可能なもう2タイトルも手に入れなければならない。「Full Circle」(03年)、「Piano Works 1」(10年)。そしてさらにさら..
>> 続きを読む

3日(いろいろタイヘンである。) (Tue, 04 Dec 2018)
 って、べつにそんなタイヘンなことは起こっていないけれども、身辺慌ただしさはある。モヤモヤする、グジグジする、イライラする。そんな日常にDave Sinclairさんの音楽があるのでありがたい。
>> 続きを読む

2日(今日もクギイン。) (Mon, 03 Dec 2018)
 クギインとしての日常も、残すところあと一か月となってきた。今日は朝から夕まで丸一日クギイン生活。 出かけるギリギリまで、Dave Sinclairさんの「Stream」を聴いて、帰り着くなりDave Sinclairさんの「Stream」を聴いた。元気が出る。心がおだやかになる。この世には信じてよいものがある、という気になれる。まだ「Stream」を卒業できないので、もう一枚のCD、最新作の「Out of Sinc」には依然手が届いていない。
>> 続きを読む

1日(宝物。) (Sat, 01 Dec 2018)
 素晴らしく美しい宝物を手に入れたという思いだ。宝石、いやそれでもよいのだが、もっと神聖な、大自然の美しさに息をのむような、あるいは自然が生み出した美しい植物の姿に心を奪われるような、そういう美しさ。デイヴ・シンクレアさんの「Stream」。ただただ、凄い。震える。涙があふれる。CDは持たない私だけれど、CDを買って良かった。
>> 続きを読む

30日(涙腺決壊。) (Sat, 01 Dec 2018)
winmail.dat 夕方、ウチに帰ると、デイヴ・シンクレアさんからのCDが届いていた。ウレシイナったらウレシイナ。瀬戸内海の弓削島からだ。サイン入り。サインの美しさが人柄をあらわしているよう。CDプレイヤーをonにするのは何カ月ぶりだろう。美しいイラストに彩られたジャケの「Stream」。ちょっとマンガチックでコミカルなイラストの最新作「Out of Sinc」。「Stream」からプレイする。いきなり素晴らしすぎて、美しすぎて。息を飲むとはこのことだ。ロバート・ワイアッ..
>> 続きを読む

29日(日本演出者協会関西ブロック役員会に出席した。) (Sat, 01 Dec 2018)
 ドーンセンターにて。芝居のことをあんまり考えない日常が続いているので、おかしな気分。でも夢の大半は演劇に関するものだ。まあ、そこが不思議。夢の中だけ演劇関係者。森本さんと高取さんのことを想う。なんだか寂しい一日。今日出来立てホヤホヤの本をいただいて帰る。『関西戦後新劇史 1945~1969』(晩成書房)。
>> 続きを読む