DIARY

遊劇体主宰、キタモトマサヤによる日々のコラム。


blog遊劇体〜キタモトのひとりごと〜

18日(映画『宮松と山下』を観た。) (月, 21 11月 2022)
winmail.dat監督+脚本+編集・関友太郎+平瀬謙太朗+佐藤雅彦、2022年。主役の香川照之氏の演技に震撼させられた。圧倒的に凄かった。そして、ツマラン感想だと笑われるかもしれないけど、映画だなあ、と思った。映像、編集に顕著なんだけど、映画の良さに満ち満ちた映画だ。これぞ映画だ、なんて感嘆しながら観るわけだ。監督3人体制なのに強烈な個性をもつ。編集による、ある種のだまし絵のような仕掛けに翻弄されるのも、楽しかった。ドラマとしては、好短編といった感じの純文学を読んだような..
>> 続きを読む

映画『ソングス・フォー・ドレラ』 (Sat, 05 Nov 2022)
winmail.dat 監督・エドワード・ラックマン、1990年、アメリカ映画の、2021年4Kレストア版の2Kでにお上映。4Kレストア版とか2Kの意味は、私は知らない。画面がより美しいとか、音がクリアーだとかいうことなんだろうと想像する。 『ヒューマン・ボイス』に対する怒りをどうなだめたらよいのかわからないままに、『ソングス・フォー・ドレラ』の上映までの1時間半をやり過ごす目的で持参した西村賢太の長編小説、『蠕動で渉れ、汚泥の川を』を、長居をさせないためなのか、やたら硬いベ..
>> 続きを読む

3日(映画『ヒューマン・ボイス』と『ソングス・フォー・ドレラ』を観た。) (Fri, 04 Nov 2022)
winmail.dat 『ヒューマン・ボイス』原作・ジャン・コクトー、監督+脚本・ペドロ・アルモドバル、2020年、スペイン映画。コクトーのオリジナル戯曲(『人間の声』と訳されている)はゾッと寒気を覚えるくらい好きで、一度上演を試みようとしたことがあった。主演の女優さんを決めて、ご本人の内諾を得たが、いろいろあって霧散してしまった。プーランクの作曲によりオペラにもなっていて、私は、自慢めいて申し訳ないけれど、その録音をレコードを2種類持っている。また舞台の方は、初演女優さんの..
>> 続きを読む

22日(THE GO AND MO'sを観た。) (Mon, 24 Oct 2022)
winmail.dat 『中村の嘘』、脚本+演出+出演・黒川猛、Theatre E9 Kyotoにて。黒川猛と6人の俳優による、二人芝居6本勝負!、と銘打たれた110分。当たり前のことでしょうけれど、駄作なし。全部がオモシロかったし、爆笑しました。黒川さん凄いです。大丈夫か、と心配になります。6人の俳優さんたちも、のきなみテンション高く、競い合っているようで、いうまでもなく素晴らしいものだった。 音響家の大西氏と、駅前の立ち呑みでしこたま聞こし召す。
>> 続きを読む

21日(映画『アメリカン・エピック エピソード1・2』を観た。) (Mon, 24 Oct 2022)
 エピソード1は『ザ・ビッグ・バン 元祖ルーツ・ミュージックの誕生』、エピソード2は『「血と土」過酷な労働から生まれたブラック・ミュージック』。いずれも監督・バーナード・マクマホン、2017年、アメリカ映画、ただし劇場公開されたものではなく、テレヴィ放送されたもの。Uplink京都でのPeter Barakan’s Music FilmFestival 2002 の上映作品で、全部で5時間30分もある。そのうちの最初の3分の1を観た。知らないことをたくさん教えていただいて、大..
>> 続きを読む

16日(次回公演の照明さんとミーティング。) (Tue, 18 Oct 2022)
 私の所属する遊劇体は、スタッフさんの交代はめったにないことなのですが、まあちょっとした事情があって、次回公演に、初参加の照明家さんをお迎えします。そこで、演出担当者として、こんな照明が欲しいんだ、的な打ち合わせを兼ねた、結局のところ呑み会でございました。終盤、稽古終わりの村尾さんも合流。楽しかったです。呑み過ぎました。ほぼ半日呑んでた。それは大袈裟か。 前任の西岡奈美さんとは20年を超えるお付き合いでした。おつかれさまです。ありがとうございました。また、個人的に組ませていた..
>> 続きを読む

15日(映画『ブリティッシュ・ロック誕生の地下室』を観た。) (Tue, 18 Oct 2022)
Uplink京都で行われている、Peter Barakan’s Music Film Festival 2022全6作品のうちの、1作品。監督・ジョルジオ・グルニエ、2021年、イギリス映画。1962年、西ロンドンのイーリング・クラブから誕生した、英国ブルース・ロックの軌跡とでもいいましょうか、たまたまマイ・ブームがそれにあたっていて、シリル・デイヴィスやアレクシス・コーナーなどの60年代の録音をこの夏、聴きあさっていたので、ドンピシャな記録映画だった。いやもう最高! でござ..
>> 続きを読む

14日(ウイングフィールド「インタビュー企画 関西小劇場演劇伴走者 小堀純」さん、に参加した。) (Tue, 18 Oct 2022)
winmail.dat 演劇ジャーナリスト・小堀純さんのお話を聞くウイングフィールド30周年企画のシリーズ。すでにもう第4回目だそう。本日はおもに精華小劇場の時代。ゲストは元精華小劇場、現在はロームシアター京都、で間違いなかったかな、の丸井重樹さん、司会は大阪市立芸術創造館・館長のののあざみさん。ののの、って、オモシロいね、ののあざみ、さんです。 前回の流れの落穂ひろい的に、大阪市立芸術創造館の企画(企画者は小堀純さんです)クラシック・ルネッサンスでの泉鏡花さんのことも盛り込..
>> 続きを読む

14日(OMS戯曲賞。) (Fri, 14 Oct 2022)
winmail.dat 昨年、遊劇体の公演として、ウイングフィールドさんで上演させていただきました『われわれは遠くから来た、そしてまた遠くへ行くのだ』が、最終候補作品としてノミネートされました。素直にうれしいです。いわゆる普通の戯曲の体裁をしていない奇抜な作なので、最終候補作まで残る可能性はないよな、と勝手に想像していましたもので。ありがとうございます。
>> 続きを読む

30日(劇団五期会を観た。) (Sun, 02 Oct 2022)
 『ハムレット奇譚』原作・W・シェイクスピア、翻訳・神澤和明、翻案+脚色・イシワキキヨシ、演出・井之上淳、ABCホールにて。改変を加えていて、それが今、表現者が伝えたいことなんだなと、ちょっとベタで恥ずかしさも感じるが、観客に見事に伝え得た舞台だと思う。見応えがあった。ラスト30分が秀逸。力作という言葉が当てはまるだろうと思う。
>> 続きを読む

21日(映画『エコー・イン・ザ・キャニオン』を観た。) (Thu, 22 Sep 2022)
監督・アンドリュー・スレイター、2018年、アメリカ映画。ジェイコブ・ディランがインタビュアー。60年代中期のローレル・キャニオンから誕生したバンドや関係者から当時の話を聞き、そしてまた自身のバンドで名曲の数々を演奏する。ザ・バーズ、バッファロー・スプリングフィールド、ママス・アンド・パパス、ビーチ・ボーイズ、アソシエイション。名曲は現代風にアレンジしなくても、そのまんまで素晴らしい。音楽の力を改めて教えてくれるドキュメンタリー映画だった。が、やはり、どうみてもその内容は偏り..
>> 続きを読む

11日(熊取ゆうゆう大学〈俳優・演劇〉講座 第7期生発表公演『灯灯ふらふら〜The Light Is Still Blinking〜』) (Tue, 13 Sep 2022)
winmail.dat 良い天気でひと安心。ゲネプロ、そして、本番。昨日発生のアクシデントをも、ものともせず、乗り切った。もう、満点の出来栄えだといってよい。これ以上は望まないし望めない。ちっちゃなミスなんか吹き飛んでいる。この講座での発表公演も今年で7年目だけれど、いままでで最高の出来、断トツの。まさかのダブル・コールの拍手をいただく。ありがとうございます。上手袖で生音による音響効果を担当していた私が、拍手の中で舞台を横切り、出演者のみなさんに、もう一度舞台に出てきてくださ..
>> 続きを読む

10日(熊取ゆうゆう大学11回目。) (Sat, 10 Sep 2022)
winmail.dat とんでもないことが起こってしまいました。体調不良で、今日も、明日の本番も、参加できないという受講生のひとが。アレだとしても濃厚接触には当たらないので、配役を急遽変更しての、新たなキャスティングでの稽古となった。私はそれを、今日、稽古の場に到着するまで知らなかったので、いきなりの大パニック、ということではありません。冷静に判断して、対応策を練る、ということになりました。通し稽古を2回繰り返し、磨き上げる、という目論見でしたが、それはもう断念。なんとか、明..
>> 続きを読む

3日(熊取ゆうゆう大学10回目) (Sat, 03 Sep 2022)
 小返しをしながらの通し稽古。そして、さらに、繰り返し、通し稽古。冷房設備のない、国指定重要文化財の中家住宅にて、2日分2セットの稽古。休みなしの4時間はキツイはずですが、あっという間に4時間が。上演時間は、65分であると、やっと確認できました。なかなかむつかしい純文学系の芝居であります。私は、満足。現時点で、ええ出来栄えでおます。さらに磨きをかけて、11日の本番でお目にかけます。 どうぞみなさん、観劇受付開始いたしました、先着予約50名さま限定でおます。今日までにどの程度の..
>> 続きを読む

1日(遊劇体ミーティング。) (Fri, 02 Sep 2022)
 前回のミーティングはもう何ヶ月も前。その間の、劇団員それぞれの活動などの報告。それから、来年度公演について話し合う。次の次の公演だ。私の新作で、ということで、もはや揺るがない事態となった。私は、鏡花さん、やりたかったんだけどな。もう、自身が新作を書くことにも、なんか興味がなくなってきて、洋の東西を問わずの、古典戯曲を上演したい欲求が強まっているのだ。
>> 続きを読む