DIARY

遊劇体主宰、キタモトマサヤによる日々のコラム。


blog遊劇体〜キタモトのひとりごと〜

14日(大阪劇団協議会フェスティバル45周年記念合同公演の会議。) (金, 15 12月 2017)
 福島にあるコーヒー店にて。その後、居酒屋〈船出〉だっけ。遅れ気味ですけれど、だんだんと決まってまいりました、いろいろと。タイヘンだぞ。でもやるぞ。「築地にひびく銅鑼」、来年3月8日から11日、ABCホールにて。
>> 続きを読む

13日(勉強家。) (金, 15 12月 2017)
 コンニチワ勉強家です。「築地にひびく銅鑼」の台本を読み込む。腑分け(と私は名付けている)して、場面ごとに分解し、それらのつながりを脳内で描く。舞台上のミザンスを幻視する。台詞を、音を、音楽を、幻聴する。気が付けば外は真っ暗。大慌てで酒のアテを買いに行く。菊正ピンが残り少なかったのを思い出し、もう2リットルをひと箱。勉強家の一日でした。
>> 続きを読む

12日(日本演出者協会関西ブロック役員会。) (金, 15 12月 2017)
 劇団ひまわり大阪にて。いろいろ大変です。事業を継続してやるっちゅうのは。私は、なんだか多忙で、今年はなんにもやれないっす。役員としてでなく、一観客としても、なかなか参加できないっす。近代戯曲セミナーの「生きている小平次」観たいっす(でも無理なんっす)。
>> 続きを読む

11日(何稿目だろう。) (金, 15 12月 2017)
 映像のシナリオ、またまた完全改稿。出来映え云々じゃ無くて、いろいろな大人の都合でどんどん変えなくてはならなくなります。やっとこさこれで決まるかな。決まるといいな。前篇後編の2本立て。
>> 続きを読む

ひさかっちゃんさま。 (月, 11 12月 2017)
 ありがとうございます。大阪マラソン出場、調子いかがでしたか? ああ、ひさかっちゃんとまた飲みたいと切望しております。わりと近いうちに、コチラから飲みに誘って良いですか?
>> 続きを読む

10日(ゆうゆう大学のおつかれさま会。) (月, 11 12月 2017)
 遅まきながら、ゆうゆう大学のおつかれさま会。約12時間前までヘベレケという状態で、半二日酔いで、食欲もなく、お酒も欲しない状態でございました。でも、食事が美味しそうなので冷酒一瓶オーダー。飲みきれんかった。また来年もやれるといいな。斬新なカタチで、という目論見あり。
>> 続きを読む

9日(町内会の忘年会。) (月, 11 12月 2017)
winmail.dat 正月の総会資料を冊子のカタチにコピー&製本し、区議員組長会議の後、忘年会です。コチラでは秘密にしていた私のある事実が、ひょんなところから発覚していたことが判明しました。飲み過ぎ、大騒ぎをしたようで反省です。明日また、昼から飲み会です。
>> 続きを読む

8日(遊劇体「のたり、のたり、」公演が十三夜会賞推賞を受賞いたしました。) (金, 08 12月 2017)
 タイトルの通りでございます。演出的には危険な橋の綱渡り、とビクビクものでしたが、このような評価をいただいたことに、感激であります。十三夜会賞は、おもに歌舞伎や文楽や商業演劇に与えられている賞ですが、私たちのような実験的な現代演劇に与えていただいたということにも驚きを禁じ得ません。何よりもうれしいのは今回の「のたり、のたり、」の座組がもう一度集まって、お祝いを兼ねた飲み会ができることです。ああ、楽しい飲み会になりそうです。
>> 続きを読む

7日(いろいろと。) (金, 08 12月 2017)
 いろいろと小刻みに、いろいろとやってます。今日もいろいろと飲みました。エビスビール、赤ワイン、日本酒、熊取ビール、箕面ビール、どこか忘れてしまいましたがどこかの県のなんとかいう原酒。忙しかったです。美味しかったです。
>> 続きを読む

6日(しない、できない。) (木, 07 12月 2017)
 年末から新年以降にかけての予定がはっきりしないので、なんか居心地が悪いというか、落ち着かないというか。スケジュール管理ができない。
>> 続きを読む

5日(ザ・レジデンツ。) (水, 06 12月 2017)
winmail.dat 急に、ザ・レジデンツのことが気にかかって。ひと月ほど前、京都に行く途中で寄った某中古盤店で、初期のLPが1枚1000円で10枚ほども売りに出ているのを見たのに、購入を見送ったことが後悔として残っている(ほぼ持っているレコだけれども)。それがキッカケとなって、初回盤と再発盤などの見分け方というか差異を調べているうちに、今年35年ぶりに、2度目の来日公演を行ったことを、今日、知った。私は、35年前の初来日の、京都での公演を見ている。今でも、記憶に残る、珍妙..
>> 続きを読む

4日(・・・。) (火, 05 12月 2017)
 何か忸怩たる思いを引きずりつつ(それはこの前の公演のことではない)、次へと向かわなければならないのだけれど、映像の仕事、3月の公演、6月にあるのかないのか不明な書き下ろしと演出だとか、それらに集中してゆきたいのに、集中させてくれない、雑事モロモロが多すぎ。
>> 続きを読む

3日(・・・。) (月, 04 12月 2017)
 ナニカに急かされているという感覚。それから逃れられない。
>> 続きを読む

2日(遊劇体ミーティング&忘年会。) (日, 03 12月 2017)
winmail.dat 伏見桃山と中書島のあいだの〈鳥せい本店〉にて。いつも愛好している〈ニュータコ〉や〈祭や〉は、私たちにとってA級の素晴らしい居酒屋だとすると、〈鳥せい本店〉は特A級あるいはS級の特別な居酒屋ですな。劇団員だけで、っちゅうのもええもんだす。アイちゃんとたっくんは不参加ですけどね。ちょっと寂しいよ、仕方がないけど。で、〈鳥せい本店〉の美味さにはもう、感動してしまいますよ。酒も鳥料理も。1年に1回の感動ですが、また来年もみんなで行きましょうよ。そのあと、終電ま..
>> 続きを読む

1日(大阪劇団フェスティバル参加公演を2劇団観たのだった。) (日, 03 12月 2017)
winmail.dat 11月10日、劇団しし座「ゆびさきは ゆらめきの中へ」作・竹内介、演出・北川隆一、HEP HALLにて。ライト・ノヴェル風ファンタジー。 12月1日、劇団未来「静かな海へ―MINAMATA―」作・ふたくちつよし、演出・森本景文、劇団未来ワークスタジオ。ドキュメンタリー・タッチの人間ドラマ。 全くタイプの異なる2作ですが、いずれも演出者の手つきや思いが手に取るようにクッキリとした、良質な舞台でした。とりわけ劇団未来の「静かな海へ」は、俳優、スタッフワーク..
>> 続きを読む