DIARY

遊劇体主宰、キタモトマサヤによる日々のコラム。


blog遊劇体〜キタモトのひとりごと〜

22日(告白。) (火, 23 4月 2019)
 ふと自身の内側をのぞき見すれば、芝居のことばかり考えている私。全然芝居のことをしてへん、好きじゃないかもしれへん、などと言い張りながら、震えるような手つきで、芝居のことを想う。今は雌伏して時の至るを待つ。
>> 続きを読む

21日(投票に行った。) (Mon, 22 Apr 2019)
 投票に行った。缶ビールのロングを2本買って帰った。どっちが、主目的だ?
>> 続きを読む

20日(呆れるね。) (Sun, 21 Apr 2019)
winmail.dat いっぱいある。レコード。本。バカですわ。いつの間にこんなに集まったんやろというくらいね。本もどんどん手放したいから、手にとってみるんですね。いわゆる蔵書というやつ、どれくらいあるんやろ。1万冊? イヤそんなにはきっと無いけれど。10冊を手にとってみれば、今はもう7~8冊はいらないや。地道に処分してゆこうという気持ち。しかし、命が間に合うのだろうか?  全然関係ないけれど、今、私の背中の方でデイヴ・シンクレアさんの音楽が流れている。胸をえぐられるような清..
>> 続きを読む

19日(・・・。) (Sat, 20 Apr 2019)
 こう毎日同じ生活を送っていると、書くことないですわ。老人の生活です。酒が美味くてかなわんです。口にした順番に、トリス・クラシックのソーダ割りと、ソラチという缶ビールと、グランド・キリンの例のやつと、菊正宗ですわ。
>> 続きを読む

18日(・・・。) (Fri, 19 Apr 2019)
winmail.dat 書きたいんやけど、今のままでは書けないと、そのことが頭の中でぐるぐる走り回る。エンゲキのことを全くしていなくても、芝居に関わる夢ばかり見ているのは、いまだにずっと。どんだけ芝居がやりたいねん、とツッコミを入れる別の自分がいるが、レコードと本ばかりを触っている今の生活を、毎日を続けてゆくのは愉しいだろうなとも思う。要するに欲張りか。今、頭に描いているのは、やっぱり眠る時間を削るしかないのだろうなという、苦しい状況。でも、そろそろ覚悟だ。
>> 続きを読む

17日(古物商です。) (Thu, 18 Apr 2019)
 私、古物商の営業免許持ってます。って、知ってる人は知ってますよね。で、今現在、まさに古物商、みたいなもの。レコードとサブカルチャー関連の本を売りまくってます。古物商としてじゃなく、一趣味人としてですけれど。でもそれだけで丸一日があっという間に過ぎてしまう。そして気が付いたら、頭痛です。原因はパソコンの画面かなあ。ワカリマセンけれど。花粉症のせいかなあ。そんな気もするし。奥歯が虫歯で痛いし、それの影響かなあ。ワカリマセンけれど。キリンの淡麗と、黒霧島と、菊正宗上撰生酛辛口を飲..
>> 続きを読む

16日(・・・。) (Wed, 17 Apr 2019)
 このところずっと、目がかゆい、そして頭が、痛い。花粉症の薬は飲んでいます。グランド・キリンのジャパン・ペールラガーと、トリス・クラシックと、菊正宗上撰生酛辛口を飲んだら、治ったような気がしました。
>> 続きを読む

15日(書きたいんやけど。) (Tue, 16 Apr 2019)
winmail.dat 書いてられまへん。書きたくてうずうずしてるのに。台本。ほかの仕事が忙しくって。目標をもってやってるもんですから。次の台本は、って遊劇体次回公演の「空のトリカゴ」ですけれど、それは、ひとつの全体を支配する仕掛けでもって書き進めたいのです。その仕掛けとは、別にたいしたもんでもないし、目新しいものでもないんやけど、今回の公演に限っては、とても有効な表現手段になりそうで。そしてまたその次の「われわれは遠くから来た、そしてまた遠くへ行くのだ(仮題)」への大きな指..
>> 続きを読む

14日(・・・。) (Mon, 15 Apr 2019)
 なんとなく今日はお酒を飲まなかった。なんか別に欲しくなかったのは自分なりにもちょっと奇妙だ。もしかして体調が悪いのか。ハイ、悪いです。鬱、鬱です。でも、よう仕事しました。単に、疲れただけかな。
>> 続きを読む

13日(夢で体験。) (Sun, 14 Apr 2019)
 東京の、ある実力派劇団の、稽古場を見学する、という夢をみた。その劇団は、実際に存在するのだけれど、まあ、私のアタマの中の、夢ですから。その、稽古をしている芝居の、演出的な〈場の取り方〉のユニークさ、俳優たちの〈取り組み方〉、〈立ち姿〉、〈発語〉、すべて遊劇体だった。知らぬ間に、遊劇体のメンバーも、その劇団の稽古に参加している。そら、私に向かって台詞が飛んできた。しどろもどろ。ただ、ひとつ大きく違うのは、さすが実力派劇団、俳優たちが自信に満ちて、輝いているのと、なによりも、遊..
>> 続きを読む

12日(ムラムラと。) (Sun, 14 Apr 2019)
 昨日の遊劇体ミーティングの余熱のせいか、今日読んだ本からのインスピレイションからか、ムラムラッと台本が書きたくてしかたがなくなった。新たなシチュエイションや、新しいエピソードや、台詞が、次々とアタマのなかを訪れる。でも、書き留めないから、またすぐ忘れてしまうのだけれど。
>> 続きを読む

11日(遊劇体ミーティング。) (Sun, 14 Apr 2019)
 遊劇体事務所にて。劇団および劇団員それぞれの報告事項、今後の予定などを。そのまま飲み会。たぶん私、泥酔。パンダさん、ゴメンナサイ。
>> 続きを読む

10日(シンクレアさん。) (Thu, 11 Apr 2019)
 シンクレアさんの特集ということで、フランスのラジオ番組を聞いた。ひと月前の放送だが、放送局のホームページで全部聞くことができるようになっていたので、それが可能だった。丸々2時間、シンクレアさん。前半の一時間は、弓削島から電話で出演。英語フランス語の同時通訳が入る。私はフランス語が全くわからないので、必死でシンクレアさんの英語の方に耳を傾ける。時間のわりには音楽をあまり聴くことができなくて、お話が中心だった。番組の進行役は、リュック・マリアニ氏で、一昨日私は、実に久しぶりに彼..
>> 続きを読む

9日(呑める。) (Wed, 10 Apr 2019)
 炒飯は呑めませんけれど、天津飯は呑めます。新発見しました。中華飯はちょっと難しそうですけれど、マーボ丼は呑めるでしょう。
>> 続きを読む

8日(記者会見。) (Tue, 09 Apr 2019)
 Theatre E9 Kyoto オープニングプログラム 2019-2020 の記者会見。ワコールスタディホール京都にて。私たち遊劇体は、11月に、2年ぶりになる本公演で参加します。新しい劇場の誕生にあわせて、遊劇体も再生したいと思います。 11月21日―24日 遊劇体#62(62回目の本公演という意味)『空のトリカゴ Birdcage In The Sky』 作+演出・キタモトマサヤ 6月にオープン予定の、Theatre E9 Kyotoにて。 久々に、ものすごいファイト..
>> 続きを読む