ABOUT / PROFILE

劇団員のプロフィールは左のメニューからご覧ください。


[遊劇体プロフィール]

 

1983年結成。翌年初夏、仮設テント劇場での野外劇にて旗揚げ。

以降2002年春まで京大西部講堂を拠点として活動。2001年『闇光る』の上演をきっかけに、シンプルな空間と様式化された演技による、〈演劇であること〉に開き直った表現で再スタートを切る。また、近代の作家・泉鏡花の全戯曲上演に取り組む。

飛田演劇賞大賞(98年)、新・KYOTO演劇大賞金賞(04年)、十三夜会賞(05年、06年、12年)などを受賞。2015年よりアトリエ劇研アソシエイトアーティスト。

[劇団代表作]

2001年 #34 「闇光る」(第1回仙台劇のまち戯曲賞大賞受賞)

2002年 #35 ユージェーヌ・イヨネスコ作「二人で狂う」(第2回大阪野外演劇フェスティバル)

2002年 #36 泉鏡花「紅玉」 (大阪市立芸術創造館主催「クラシックルネッサンス」)

2003年 #37 「残酷の一夜」(第11回OMS戯曲賞最終選考)

2004年 #38 「エディアカラの楽園」(第12回OMS戯曲賞最終選考/第6回AAF戯曲賞最終選考)

2004年 #39 尾崎紅葉原作「金色夜叉~貫一篇」 (新・KYOTO演劇大賞金賞受賞)

2006年 #43 「闇光る」京都・仙台にて再演

2007年 #44 泉鏡花「天守物語」 #45「夜叉ヶ池」

2008年 #46 泉鏡花「山吹」

[劇団員受賞歴]

キタモトマサヤ

2006年度十三夜会賞奨励賞

菊谷高広

第7回関西現代演劇俳優賞 男優賞

第1回新・KYOTO演劇大賞 演技賞

第11回飛田演劇賞 最優秀演技男優賞

2008年十三夜会賞奨励賞

大熊ねこ

第9回関西現代演劇俳優賞 女優賞

こやまあい

第11回関西現代演劇俳優賞 女優賞 

村尾オサム

第13回関西現代演劇俳優賞 男優賞

2012年十三夜会賞助演賞